ごあいさつ

社会福祉法人 済美会 理事長 久保井 龍司 社会福祉法人 済美会 理事長 久保井 龍司

日頃は本会の事業にご理解とご支援をいただきして誠にありがとうございます。

さて、この時期はどの法人でも理事会や評議員会が開催されたことと思います。本会でも理事会と定時評議員会が招集されました。制度改革により招集方法や理事会と評議員会の役割や決議事項が大きく変わり、各法人でも戸惑っていることを聞きました。

この度の定時評議員会で役員の任期が満了になり役員改選がありました。その結果、理事長として再任されました。責任の重さを痛感しているところですが、気持を新たに務めさせていただきます。役員改選以外には平成30年度の事業報告や決算書類や財産目録や福祉充実計画の変更、定款変更の件等が議案として取り上げられいずれも可決承認されました。決算内容は当ホームページに掲載しますのでご覧ください。法人全体では約38,000千円の収支差益があり、健全な経営内容であったと思っています。

今後、取り組んでいくことは福祉充実計画の実施にあると思っています。その中でも日中サービス支援型グループホームを含むグループホームの開設は早急な対応を求められています。これ以外でも送迎サービスの拡充など時間をかけられない事業が多くあります。法人だけでは解決できないことも多く、皆様のご協力を賜りながら事業の実施に取り組んでまいります。

今後ともよろしくお願い申しあげます。

PAGE TOP