ごあいさつ

社会福祉法人 済美会 理事長 久保井 龍司 社会福祉法人 済美会 理事長 久保井 龍司

今年は東京五輪とパラリンピックが開催されます。昨年から気分が盛り上がって今からどんな感動に出会えるのか期待に胸が高まります。そして当法人が経営する済美職業実習所が創立60周年を迎えます。開設当時はまだ障害者への理解が浅く法律が未整備で行政の財政援助もない苦しい時代を乗り越え、今日あるのは保護者や関係者の皆様の温かいご理解とご協力の賜物と心から感謝申しあげます。

60年前は1法人1施設だったものが現在は多機能型施設とグループホームの経営、相談支援事業など時代のニーズに合せ事業展開をして規模も大きくなりました。しかし事業が増えるに伴い課題も多くありますが最近は迅速に対応が出来なくなっています。また施設の運営に利用者第一の思いが希薄になっていたことが見受けられました。時代の流れに対応できず大事なものを見失っていたかも知れません。これは法人組織と職員の研修体制に問題があると思っています。
今年は福祉充実計画の実施とこれらの改善に取り組みして先代の築きあげた福祉を次に繋げたいと思います。
社会福祉法人 済美会
理事長 久保井龍司

PAGE TOP